こちらのコンテンツは無料トライアル中の方向けのコンテンツです。

ご希望の経費申請パターンをお試しください。(経費申請する従業員の作業)

■レシート/領収書の画像を撮影し、経費申請をする。

Staple (スマートフォン版) では、[自分のレシート]にアップロードされたレシートや領収書の写真画像から経費を作成、申請することができます。

自動読み取り入力された内容に間違いがある場合は、正しい内容に修正し、経費申請してください。

[レシート] への画像アップロードは以下を参照してください。

■レシート/領収書の画像を撮影/アップロードする (スマートフォン版)

https://help.staple.jp/ja/articles/4513467

■レシート/領収書の画像をアップロードする (ブラウザ版)

https://help.staple.jp/ja/articles/4513493

1. スマートフォンの Staple を起動します。

2. 画面下部の [レシート] をタップします。

3. [レシート] 画面で経費登録したいレシートの画像をタップします。

4. レシートの内容を確認して、経費登録する場合は [経費申請] をタップします。

5. [経費の作成」画面で必要な項目を入力し、[送信] をタップします。

6. [経費] 画面に承認待ちの経費として表示されます。

  • 交通費の申請

交通系ICカードの使用履歴を Staple リーダーで読み取り、経費申請する。

Stapleリーダー:Suica や PASMO などの利用履歴から経費申請するための無料アプリ。

■Stapleを利用するスマートフォンにStapleリーダー をインストールする。 (交通費を申請する従業員の作業)

iOS版

Android版

■Stpaleリーダーを起動し 経費申請する交通費を支払った 交通系ICカードを登録する。(交通費を申請する従業員の作業)

前提条件

・Staple は Android 版 ver.1.16.5 以上、iOS 版 ver.1.17.6 以上、Staple リーダーは ver.1.3.6 以上である必要があります。

・上記 2 つのアプリケーションは、同一の スマートフォン上にインストールされている必要があります。

・Staple は IC カードを登録したいユーザでログインする必要があります。

1. インストールした Staple リーダーを起動します。

2. 端末の裏側またはおサイフケータイのマークに IC カードを近づけます。

端末により読取時間が多少異なります。リーダーが読み取るまで数秒かざしてください。

3. "残高" が表示されたら、[カード登録] をタップします。

4. [Staple へ送信] をタップします。

5. Staple が起動し、[IC カードの作成] 画面に読み取った IC カード ID が自動で入力されます。

[IC カード名] は任意のものを入力し、[保存] ボタンをタップします。

6. Staple の [設定] メニューの [Stapleコネクト] をタップすると IC カードが登録されたことを確認できます。

SR002.png

7. 以上で IC カードの登録は完了です。

■ICカードの使用履歴から経費申請する。(交通費を申請する従業員の作業)

1. スマートフォンで Staple を起動し、下方のメニューから [カード] をタップします。

R001.png

2. カードが複数登録されている場合は、スワイプして該当の IC カードを検索します。

R002.png

3. ICカードを選択したら、下方に履歴データが表示されるので、経費として申請する履歴をタップします。なお、上方にスワイプすることで下方の履歴データが確認できます。

R003a.png

4. 登録する経費の内容に問題無いことを確認したら [送信] をタップします。

R004.png

5. [経費] 画面を確認すると、送信した履歴が承認待ちの経費として表示されます。

R005.png

Moneytree 経由でクレジットカード、モバイルSuicaの使用履歴から経費申請する。

■StapleとMoneytreeの紐付けをする。(交通費を申請する従業員の作業)

Moneytreeのアカウントをお持ちで無い方はこちらより作成してください。

こちらの設定は PC (Web ブラウザ) からのみ設定が可能です。スマートフォンからは設定することができません。

1. [Staple コネクト] メニューをクリック、[Staple コネクト設定] をクリックします。

001.png

2. [Staple コネクト] が表示されたら、[Moneytree] の [コネクト] をクリックします。

002.png

3. Moneytree のログイン画面が表示されます。

IDとパスワードを入力し、「ログイン」をクリックしてください。

003.png

4. 以下のアクセス許可の画面が表示されたら、[許可する] をクリックします。

004.png

5. 連携したい口座にチェックをして、「保存」をクリックします。

* Moneytree にてあらかじめ口座登録を行っていない場合には、以下の画面には何も表示されません。Moneytree にログインしてご利用カードまたは電子マネーの口座登録を行ってください。

005.png

6. [Staple コネクト] メニューをクリックします。先ほどチェックした口座名が表示されます。

006.png

7. 口座名をクリックすると、口座の利用履歴が表示されます。経費を申請する場合は、[経費に変換] をクリックします。

007.png

■クレジットカード、モバイルSuicaの使用履歴から経費を申請する。 (交通費を申請する従業員の作業)

1. Staple のブラウザ版にログインします。

2. [Staple コネクト] メニューをクリックし、経費の申請に使用するクレジットカード/電子マネーをクリックします。

StC001.png

3. 選択したクレジットカード/電子マネーの利用履歴が表示されますので、経費として申請する利用履歴の [経費に変換] ボタンをクリックします。

StC102.png

4. [経費に変換] 画面で内容を確認し、各フィールドの値を適宜入力、変更します。[送信] をクリックすると、承認待ち経費として申請されます。

※「金額」「日付」の変更はできません。

※ 支払方法で「コーポレートカード」の選択も可能です。

StC103.png

5. [承認待ち経費] 画面を確認すると、送信した履歴が承認待ちの経費として表示されます。

Stc104.png

■ 経費申請を承認する(経費申請した従業員の経費承認者の作業)

パソコンで承認

承認フローで承認者として設定されている場合、以下の操作が可能です。

1. Staple のブラウザ版にログインします。

2. [管理対象の経費(または承認待ち経費)] をクリックし、上部の [ステータス] 横の▽をクリックします。検索メニューのステータスで [自分の承認待ち] を選択し、[保存] をクリックします。

0001.png

※ 必要に応じて、画面右上の [日付]、[ユーザー]、[チーム] で承認/却下する経費を絞り込みます。

3. 承認/却下する経費を選択し、その経費の左横にあるチェックボックスをクリックします。

SK002.png

4. 全件まとめて選択する場合は、画面上部のチェックボックスをクリックします。経費の左横にあるチェックボックスがすべてチェックされ、選択された経費の件数が表示されます。

SK003.png

5. 選択された経費を承認する場合は [まとめて承認]、却下する場合は [まとめて却下] をクリックします。

SC005.png

6. それぞれ以下のウィンドウが表示されるので、問題無ければ [承認] または [却下] をクリックします。

SK004.png
SK005.png

以上で終了です。

スマートフォンで承認

1. スマートフォンの Staple にログインします。

2. 画面左下の [経費] をタップして、次に画面右上のフィルターマークをタップします。

3. [経費フィルター] のウィンドウが開くので、[承認対象] の、[自分の承認待ち] にチェックを入れて「この条件で検索する」をタップします。

4. 承認待ち経費の一覧が表示されるので、承認(または却下)したい経費の横にあるアイコンをタップするとアイコンのマークが「✔」に変わります。承認(または却下)したいすべての経費に対して同じ操作をおこないます。

5. 経費の選択が完了したら、画面下部にある [承認] (または [却下]) をタップします。

■従業員が立て替えた経費の払い戻しを記録する(主に経理担当者の作業)

■FBデータを出力し、経費の払い戻しをする。

FBデータを活用し、従業員が立て替えた経費の払い戻しができます。

1. Staple のブラウザ版に、会計管理者もしくはオーナーの権限でログインします。

2. [経費の払戻] メニューから [FB データ出力] をクリックします。

[払戻のフィルター] で、 FBデータ出力 する経費の日付を指定します。

* [日付で検索] のプルダウンから、申請日、承認日を指定して検索することも可能です。

FBD001.png

3. 以下の各項目を入力して [FB データ出力] をクリックします。

・[支払日]:FBデータを金融機関へデータ伝送する日付を指定します。

・[Stapleでの払戻]:チェックをオンにすると、FBデータ出力と同時に Staple上で払戻を実行します。

・[ユーザ]:FBデータを作成する対象のユーザのチェックをオンにします。

FB002.png

4. [FB データ出力] のウィンドウが開くので、[FB データ出力] をクリックします。

FB003.png

5. FB データが正常に出力されると [ダウンロード] ボタンが表示されるので、クリックします。

FB004.png

6. 以下 Chrome の画面となりますが、ダウンロードが完了すると左最下部に FB データの TXT ファイルが表示されますので、クリックしてファイルを開きます。

※ファイルの既定の保存先は「ダウンロード」フォルダとなります。

FB005.png

■立替が発生した経費を払い戻した後、「払戻待ち(承認済み)」の経費のステータスを「払戻待ち」へ変更する。

[経費の払戻] 機能を使用することにより、払い戻し待ち経費を一括で払戻することが可能です。

1. Staple ブラウザ版に、会計管理者またはオーナーの権限でログインします。

2. [経費の払戻] を選択します。

MH001.png

3. [払戻のフィルター] で、一括で払戻に変更する経費の日付を指定します。

* [日付で検索] のプルダウンから、申請日、承認日を指定して検索することも可能です。

MH002.png

4. 日付を指定したら [フィルター] をクリックします。

MH003.png

5. 指定した条件にあった払い戻し待ち経費のメンバー毎の合計及び総計が表示されます。

払戻するユーザーのチェックボックスをオンにして [払戻] をクリックします。

MH004.png

6. 「経費を払戻しますか?」で問題無ければ [払戻] をクリックします。

MH005.png

7. 画面下部に「払戻の経費の確認」が表示されるので、上部の「払戻の詳細」と同じ件数、金額であることを確認して作業を完了します。

MH006.png

■ 会計ソフトに連携する経費データを出力する(主に経理担当者の作業)

会計ソフトに対応した形式で経費データ (CSVファイル) の出力を行います。

1. Staple のブラウザ版に、会計管理者もしくはオーナーの権限でログインします。

2. [データ出力] メニューをクリックします。

3. データ出力前に、上部の「検索」のプルダウンから [日付] 、[対象]、 [ユーザー]、[チーム]、[ステータス]、[社員コード]、[金額] を指定することにより、出力するデータを絞り込むことができます。

DCSV001.png

4. [データ出力を作成] をクリックします。

DCSV002.png

5. [データ出力を作成] で、[文字エンコード] を選択し、[CSV フォーマット] で出力したい会計ソフトを選択し、[データ出力を作成] をクリックします。

DCSV003.png

* Staple では以下の文字エンコードおよび各会計ソフトに対応した CSV フォーマットを出力することができます。

* CSVフォーマット[Staple]は特定の会計ソフトに対応したものでは無く、すべてのフィールドを出力するものです。経費傾向の分析などにご利用下さい。

[文字エンコード]

・UTF-8

・Shift JIS ※日本語で出力したい場合は、こちらを選択してください

[CSV フォーマット]

・Staple

・弥生

・freee

・MF クラウド会計

・フリーウェイ

・A-SaaS

・勘定奉行

・PCA 会計 X

・ミロク

・Crew

・JDL

・TKC

6. [ダウンロード] にボタン表示が変更されたら、クリックします。

CSV003.png

※上記のように緑色の「ダウンロード」ボタンが表示された後、文字エンコード、CSVフォーマットを変更しても設定は反映されません。出力するデータを変更したい場合は、一度こちらのウィンドウを 「x」または「キャンセル」で閉じて、手順 4. から実行してください。

7. 以下 Chrome の画面となりますが、ダウンロードが完了すると左最下部に CSV ファイルが表示されますので、クリックしてファイルを開きます。

※ファイルの既定の保存先は「ダウンロード」フォルダとなります。

003.png

以上で、完了です。

Stapleカードがお手元に届きましたら、Stapleカードでの経費申請もお試しくださいませ。

回答が見つかりましたか?