モバイル Suica をご利用の場合、SmartGo と連携することで経費登録がより簡単になります。

例えば モバイル Suica で改札を通過すると、自動的にその区間の経費が登録され、ご自身で都度経費登録する必要が無くなり、経費登録に伴う時間を大幅に削減できます。

ここでは Smart Go を利用するにあたって管理者(オーナー)で必要な手順について説明しています。

※ Smart Goは NTT Communications より提供しているサービスとなります。お申し込みに関しましては現在の Staple を一度解約いただき、NTT Communications にお申し込みいただく形となります。

※ Smart Go の詳細、お申込みについては、下記をご覧ください。

https://www.ntt.com/business/services/application/smartworkstyle/smartgo.html

1. Staple のブラウザ版に、オーナーの権限でログインします。

2. [Staple コネクト] メニューの「組織」の下にある [SmartGo] をクリックします。

3. 「SmartGo」 の [コネクト] をクリックします。

4. 確認のウィンドウが開くので [OK] をクリックします。

5. 正常に連携されると、以下のように自動申請の設定画面となります。

SmartGo をご利用の場合、モバイルSuicaを利用すると自動的に経費を作成可能になります。

設定方法については下記をご確認ください。

SmartGo で経費の自動申請を設定する(管理者)

それぞれのメンバーで使っているモバイル Suica を登録する方法は下記をご確認ください。

※ 利用者ご自身のアカウントで設定して頂く必要があります。

https://help.staple.jp/ja/articles/6243191

回答が見つかりましたか?