会計ソフトに対応した形式で経費データ (CSVファイル) の出力を行います。

1. Staple のブラウザ版に、会計管理者もしくはオーナー権限でログインします。

2. [データ出力] メニューをクリックします。

3. データ出力前に、左側のフィルター機能から出力するデータを絞り込むことができます。絞り込む場合は、 [ユーザー] 、[カテゴリー] 、 [チーム] 、[日付] を指定し、 [フィルターを適用] をクリックします。

より詳細に絞り込む場合は [全てのフィルターを表示] をクリックします。

[出力データをフィルター] 画面が表示されるので、適宜指定し、[フィルターを適用] をクリックします。

日付:データ出力する期間を指定します。日付の対象を、経費日付・申請日・承認日・払い戻し日・却下日 から選択し、期間設定する開始日と終了日をカレンダーから指定します。

金額:データ出力する経費の金額範囲を指定します。

タイプ:経費のタイプを、単体の経費・経費グループ・一般経費・交通費・交際費・日当 から指定します。

支払方法:現金・ICカード・クレジットカード・コーポレートカード・Stapleカード から選択します。

ステータス:すべて・承認済み・承認待ち・却下 から選択します。

ユーザー:データ出力するユーザーを指定します。

チーム:データ出力するチームを指定します。

カテゴリー:データ出力する経費のカテゴリーを選択します。

Stapleコネクト:データ出力する経費の Stapleコネクト を選択します。

4. フィルターが適用されたら、[データ出力] をクリックします。

5. [データ出力] で、[文字エンコード] を指定し、[出力フォーマット] で出力したい会計ソフトを選択後、[〇〇(該当経費の数)の経費データ 出力する] をクリックします。

*Staple では以下の文字エンコードおよび各会計ソフトに対応した CSV フォーマットを出力することができます。

CSVフォーマット [Staple] は特定の会計ソフトに対応したものでは無く、すべてのフィールドを出力するものです。経費傾向の分析、その他会計ソフト用への加工などにご利用下さい。

[文字エンコード]

・UTF-8

・Shift JIS ※日本語で出力したい場合は、こちらを選択してください

[CSV フォーマット]

・Staple

・弥生

・freee

・MF クラウド会計

・フリーウェイ

・A-SaaS

・勘定奉行

・PCA 会計 X

・ミロク

・JDL

・TKC

6. [ダウンロード] ボタン表示が変更されたら、クリックします。

※上記のように「ダウンロード」ボタンが表示された後、文字エンコード、CSVフォーマットを変更しても設定は反映されません。出力するデータを変更したい場合は、一度こちらのウィンドウを 「x」または「キャンセル」で閉じて、手順 4. から実行してください。

※会計ソフトへのインポート方法につきましては、各種会計ソフトのサポート窓口へお問合せください。

7. 以下 Chrome の画面となりますが、ダウンロードが完了すると左最下部に CSV ファイルが表示されますので、クリックしてファイルを開きます。

※ファイルの既定の保存先は「ダウンロード」フォルダとなります。

以上で、完了です。

回答が見つかりましたか?