SmartHR と連携することで、SmartHR のユーザー情報を API 経由で入手することができます。これにより、メンバーを招待する際の入力の手間が大幅に簡略化されます。

・Staple への招待時に SmartHR 側で該当メンバーの銀行口座が入力されている場合、口座情報もインポートされます。

【注意事項】

・SmartHR上で休職、退職したメンバーは表示されません。

・SmartHR上でメールアドレスを登録していないとユーザ情報は取り込めません。

・Staple上ですでに利用されているメールアドレスの場合も取り込めません。

SmartHR との連携方法、メンバーの追加方法は以下の手順をご覧ください。

SmartHR と連携する

1. Staple のブラウザ版にオーナーの権限でログインします。

2. [設定] - [Staple コネクト] を選択します。

3. 右画面の SmartHR から [コネクト] をクリックします。

4. 「SmartHR 連携」のウィンドウが表示されるので、[テナントID] [アクセストークン] を入力して [保存] をクリックします。

※ テナント ID については以下の URL をご参考にしてください。

 ■ アクセストークンの発行方法

  https://smarthr.jp/help/etc/3935

※ アクセストークンについては以下の URL をご参考にしてください。

 ■ サブドメイン(テナント ID)とは?

  https://smarthr.jp/help/etc/multi-login/568

【補足】

[保存] をクリック後、画面右上部に「新しいメンバーは招待できません。料金プランでユーザライセンスを追加してください。」と表示された場合は、ユーザライセンスを追加する必要があります。

101.png

ライセンスの追加手順は以下をご確認ください。

 料金プランを変更する - ユーザライセンスを追加する

5. 以下のように [削除] ボタンのみ表示されていれば、コネクトは正常に完了しています。

Smart04.png

SmartHR のユーザを Staple に招待する

1. SmartHR との連携が完了したら、[設定] - [メンバー] に移動します。

[SmartHR から招待] をクリックします。

2. 下記赤枠の部分が SmartHR の API から取得したユーザ情報になります。招待したいユーザのチェックボックスをオンにして、適宜チーム、承認フローを選択し、[保存] をクリックします。

招待したメンバーに、まだ招待メールを送信しない場合は、以下のように [招待メールを送信] スイッチをオフにしてください。

3. 招待したメンバーが [招待の受諾] を選択した場合は、以下のメールが返信されます。

・メール タイトル: Staple への招待を受諾しました

・送信者: postmaster @notifications.staple.jp

回答が見つかりましたか?