楽天銀行振込と連携するには、以下の手順をご覧ください。

※ 楽天銀行法人ビジネス口座をお持ちの方は、Staple経費精算のご利用が5名まで無料となります。

※ 上記プランの適用にあたっては、本手順でご案内している楽天銀行と連携し、かつ料金プランの設定が必要となります。

楽天銀行との連携設定

1. Staple ブラウザ版にオーナー権限でログインします。

2. [設定] - [Staple コネクト] メニューをクリックし、「楽天銀行振込」の [コネクト] ボタンをクリックします。

Rakuten101.png

3. 楽天銀行のユーザID、パスワードでログインします。

  • 口座管理プラスをご利用のお客様は [口座管理プラス専用] タブをクリックし、ログインします。

4. 「楽天銀行法人 API サービス利用規定に同意する」を有効にし、 [同意する] ボタンをクリックします。

注記:

APIサービス (APIトークン) とは当社と接続先サービスをAPI (Application Programming Interface) を利用しセキュアに連携する仕組みを意味します。これにより、お客様は接続先サービスのユーザーIDとパスワードを当社に預ける必要がなくなります。具体的には、お客様が弊社システムを操作して楽天銀行への振込指示や利用明細照会を行う際に、楽天銀行のIDパスワードを入力して頂く代わりにトークンを使用します。

連携するサービスの状況により、その機能が一部利用不可能となる可能性があります。具体的には、システムの定期的なメンテナンスに伴うシステム停止や銀行側のシステム停止によって、当社サービスのうちAPI利用を伴う機能が利用不能となります。

5. 楽天銀行振込との連携が完了すると以下のようにボタン表示が「コネクト」から「削除」に変わります。

料金プランの設定

1. 続けて、料金プランの設定を行います。[設定] - [料金プラン] をクリックします。

2. 右画面の料金プランを設定します。

3.[料金プラン] で月額、または年額のいずれかを選択し、[ユーザ数] に利用予定の人数を入力します。

4. [支払方法] でクレジットカード、銀行振込のいずれかを選択し、必要事項を入力します。

5. クレジットカード、銀行振込のそれぞれに設定する項目は以下になります。

クレジットカード

・姓

・名

・カード番号

・有効期限

・CVC (カード確認コード)

銀行振込

・メールアドレス

・電話番号

・姓

・名

・姓 (かな)

・名 (かな)

6. [概要] を確認し、[選択] をクリックします。

* Stapleコネクトで楽天銀行法人ビジネス口座に接続している場合は、以下のように、5名までの合計金額(¥3,300-) が減額されます。

7. 上記で設定した内容で料金プランが設定されます。

以上で終了です。

回答が見つかりましたか?