Staple の使用を開始する場合は、まず Staple にサインアップ します。

その後、Staple にオーナー権限で ログイン し、以下の初期設定の項目を設定します。

* 管理者以外のメンバーの初期設定の方法については、以下を参照してください。

Staple を使用する前の準備(ブラウザ版)

Staple を使用する前の準備 (スマートフォン版)

1. メンバーを招待する

経費の承認その他をおこなう会計管理者、経費を申請するメンバーを招待します。

メンバーを追加する

2. チームを作成する

各メンバーを登録するチームを作成します。チームは複数作成することができます。

チームを作成する

3. 承認フローを作成する

チーム内で経費を承認するフローを設定します。承認フローは多段階で設定することができます。

承認フローを作成する(ユーザー)

承認フローを作成する(条件分岐フロー)

4. カテゴリーをカスタマイズする

カテゴリーをカスタマイズします。新しいカテゴリーの追加や、勘定科目名、勘定科目コード、補助科目名、補助科目コードを登録することができます。

カテゴリーをカスタマイズする

5. タグを追加する

タグにプロジェクトや部門単位の管理指標、管理コードを設定することで経費データと紐付けて経費管理をおこなうことができます。

タグを追加する

6. 組織を登録する/銀行口座を登録する

Staple を使用する組織名、使用する銀行口座を登録します。

組織/銀行口座を登録する

7. 経費申請のポリシーを設定する

経費の申請時に適用されるポリシーを設定します。

ポリシーを設定する

8. 料金プランを設定する

料金プランの初期設定をおこないます。支払方法はクレジットカードもしくは銀行振込で指定することができます。

料金プランを設定する

* 楽天銀行法人ビジネス口座をお持ちのお客様は 5 名まで無料の「Staple楽天銀行プラン」のご利用が可能です。詳細につきましては以下をご参照ください。

・「Staple楽天銀行プラン」のご利用にあたって

以上で Staple の初期設定が完了します。

Staple の初期設定が完了したら、必要に応じて以下の項目を設定します。

9. カスタムフィールドを追加する

[経費の作成] フォームに任意のカスタムフィールドを追加します。フィールドはテキスト入力型、リスト選択型の 2 種類を作成することができます。

カスタムフィールドを追加する (テキスト型)

カスタムフィールドを追加する (選択型)

10. リマインダーを設定する

すべてのメンバーに送信するリマインダーを設定します。メッセージの内容、送信の頻度、送信の方法について設定することができます。

リマインダーを設定する

回答が見つかりましたか?