多段階承認プロセスの運用について

Staple サポートチーム -

Stapleにおけるワークフローは申請者と管理者(オーナー含む)間での1段階です。ただし、申請者→事業部長→経理担当のように2段階プロセスでの運用をご検討の場合には、以下のメッセージ機能(タイムライン)を利用して運用を行うことが可能です。
 
<運用例>
多段階のプロセスを運用に組み込む際のStapleの活用について、以下ご説明いたします。
 
 
Stapleチーム版の設定説明
(Staple上のユーザー分類)  (実際の利用者)  
--------------------------------------------------------
メンバー          申請者
管理者           事業部長
オーナー          経理担当


Step1 一次承認:事業部長(管理者)の承認作業

①申請者から上がってきた経費レポートを事業部長(管理者)が確認します。
 
承認する場合には、(タイムラインの)メッセージ機能承認のコメントを残します。
(ここでは承認ボタンは押しません)
 



 
 
以下のようにタイムラインに変更記録が残ります。
いつだれが経費の修正を行ったかを把握できます。
 
 
なお、事業部長(管理者)は申請された経費レポートのカテゴリの変更(交通費、通信費などの変更)は行うことができます。金額や支払先、メモの追記、変更などの修正を行うためには却下ボタンを押して、申請者へ差戻します。
 
 
Step2 二次承認:経理担当の承認作業
 
②経理担当(オーナー)はメッセージ機能で事業部長(管理者)のコメントを確認します。
 
③内容に不備があれば、メッセージ機能を使って、申請者に確認を行います。
 
④内容に問題がなければが、承認ボタンを選択します。
 
 
会社のルールによって経費精算プロセスはさまざまですが、上記のケースのようにメッセージ機能を活用しながら、チームでの運用オペレーションをスムーズに行ってみてください。
 
その他、こんなやり方で、うちはやってみています!という情報がありましたら、ぜひサポートチームまでお寄せください。
 
 
 
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。