総合振込データ(全銀フォーマット)を作成し、オンライン振込を行う

Staple サポートチーム -

従業員の銀行口座を登録することで、Stapleから「承認済み」の経費を総合振込一括データ(全銀フォーマット)として出力し、オンラインで銀行振込を行えるようになります。
ここではStaple上での操作、オンラインバンク上での操作をご紹介します。
 
1.Stapleでの操作
メニューからチーム→チーム設定より振込元口座情報が登録されていることを確認して下さい。

①従業員の口座情報を追加する
メンバー設定から従業員の経費の振込先となる従業員の口座情報を入力します。

②総合振込一括データ(全銀フォーマット)をダウンロードする
経費を振り込む対象メンバー、対象期間を選択すると「承認済み」経費データが振込リストに追加されます

③「ダウンロード」をクリックします。

④支払済みの経費レポートのステータスを「払戻」に更新する
オンラインバンクによる振込が確認できたら、「払戻」を行った経費データはステータスを必ず「承認済み」から「払戻」に更新します。
更新しない場合には、承認済みデータとして振込リストに含まれたままの状態になりますので、重複振込にご注意ください。
   
2.オンラインバンクでの操作

ここでは、楽天銀行を例にご説明していきます。(画像は楽天銀行画面です。)

①銀行のオンラインバンキングにログインします。

②総合振込のメニューを選択し、取引依頼の登録をします。



③ファイルの選択ボタンでStapleからダウンロードした「総合振込一括データ(全銀フォーマット)」を選択し、画面の案内に従って総合振込を完了してください。

注意点

  • 画面上の実行日と全銀ファイルの日付が一致していないと振込エラーとなります。
  • 楽天銀行の場合、振込実行日は翌日以降でないとできません(当日はできません)


尚、オンラインバンクの操作でご不明な点がある場合は、各金融機関にお問い合わせください。オンラインバンクで銀行振込を行う上では事前登録が必要になります。事前登録に関しては、オンラインバンクの振込登録の設定の記事をご参照ください。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。